【くすり総合学科のつぶやきvol.2】冬におすすめの常備薬

  • 2017年12月15日

【くすり総合学科のつぶやきvol.2】冬におすすめの常備薬

【くすり総合学科のつぶやき】

「冬におすすめの常備薬」

 

みなさん、インフルエンザ予防接種は済みましたか?

こんにちは!くすり総合学科の髙椿です(^^)

今年のインフルエンザは凶暴なウィルスだと周りから噂を聞き、先日、髙椿家は、予防接種を受けてきました。

しかし、その翌日、髙椿家に悲劇が・・・

私が、洗面所のドアの前でかがんで靴下を履いていたところ、タイミング良く(悪くかしら)旦那が勢いよくドアを開けまして、注射後の私の腕に激突「ヴッ・・・」(; ゚Д゚)!!

あまりの腕の痛さに、冷や汗をかきながら悶絶していたところ、なにやら扉の外からも同じような声が・・・「ヴッ・・・」

なんと、私にぶつかって跳ね返ったドアは、さらに旦那の足指に激突していたんです(。-∀-)

図らずも、しっかりやり返しましたが、注射の痕は青くなりましたとさ。

みなさんも注射後は、ドアに注意してくださいね(^_^)v

 

さてさて、インフルエンザ予防接種もして、手洗いにマスクもしっかりしていても、うっかりすっかりインフルエンザに感染しちゃうことはありますよね。「風邪かな?いやいや、こりゃ~インフルエンザかな?」と、判断が付かない時は、使ってもいい解熱薬が限られているので、もちろんすぐに病院を受診するのが一番です。が、やむに已まれず・・・なんて時に服用できる市販薬をご存知ですか?

 

それが「麻黄湯」です。

麻黄湯は体力のある人で、汗が出ない発熱時や体の関節が痛んだり、鼻づまりなどの症状に用いられます。

最近では、病院でインフルエンザの人にも処方されることがある漢方薬です。

現在は市販薬としても販売されており、いざというときにすぐ服用することもできますので、常備しておくとこれからの季節は安心ですね。

ただし、麻黄湯を使用できない人(妊娠中や高齢者等)もいますので、使用するときは登録販売者に相談することをお勧めします。

 

登録販売者くすり総合学科についてもっと知りたいなと思う方は、

是非ニフィスのオープンキャンパスへ(*’ω’*)!

オープンキャンパスのお申込みはコチラ