【くすり総合学科のつぶやきvol.1】インフルエンザと風邪のちがい

  • 2017年12月08日

【くすり総合学科のつぶやきvol.1】インフルエンザと風邪のちがい

こんにちは!くすり総合学科の新保です(*^-^*)

12月入り、寒さが増してきましたね。

通勤の電車の中では、コンコン咳をする人や、チ~ンと鼻をかむ人の姿も・・・。

みなさんも、体調を崩さないように、手洗い・うがい・インフルエンザの予防接種などしっかり対策をしてくださいね(*’ω’*)

 

とはいっても、「なんだか具合が悪い・・・」となってしまった時のために、今日は「インフルエンザと風邪のちがい」をご紹介します^^

みなさん、体調が悪いときの参考にしてみてください。

 

インフルエンザ 風 邪
発 熱 急激に

38~40℃近くまで上昇

(まれに37℃前半の微熱の場合もある)

緩やか

37~38℃前半まで上昇

 

季 節 11月~4月 通年
主な症状 全身症状

関節痛・頭痛

のどの痛み・くしゃみ

鼻水・咳

 

症状が軽いときには、ドラッグストアなどで売られている市販薬を使用してみるのもひとつの方法です!

症状を市販薬の専門家である登録販売者”に話して、自分に合うお薬を選んでもらってください☆

 

もし、「インフルエンザかな?」と思うときは、はやめに病院を受診するのがおすすめ!!

インフルエンザに感染している場合、使用してはいけないお薬もありますので、自己判断でお薬を飲むのではなく、専門の医療機関を受診してください(^^)/

 

 

登録販売者くすり総合学科についてもっと知りたいなと思う方は、

是非ニフィスのオープンキャンパスへ(*’ω’*)!

オープンキャンパスのお申込みはコチラ