ニフィス保育特例講座

幼稚園教諭免許状をお持ちの方限定

ニフィス保育特例講座

2019年度末(予定)まで保育士資格取得の「特例制度期間中」です!

保育士資格取得に関する「特例制度」に対応した期間限定の講座です。
「幼稚園教諭免許状はあるけど保育士資格も取得したい」
そんなあなたはこの特例制度を利用してみませんか?

2018年クラスの募集は終了しました

次回の開講予定は未定です。講座や制度の内容に関する不明点などは、当校までお問い合わせください。

025-240-4810
下記のフォームからも受付しております。

資料請求・お問い合わせはこちら

パンフレットのPDFはこちら!

「特例制度」を利用するメリット

保育士資格が4科目で取得できる!

通常16科目が4科目に!

2019年度末(予定)までの『期間限定』の制度です!!

この制度を利用できる方は?

保育士試験に各自で受験申請をする必要があります

nifisで受講するメリットは?

2日間のスクーリング以外すべて自宅学習!


安心して学べる!


おトクな学費減免制度


一級教育訓練給付制度が利用できる!

    詳しくはこちら

受講修了者の声

  • 親切な対応で安心して講座に取り組むことができました!
    (30代 女性 新潟県)
  • 仕事をしているので家でほとんど受講できる点がとてもよかった!
    (20代 女性 福島県)
  • 楽しみながらのスクーリングで、2日間があっという間でした!
    (30代 女性 長野県)
  • 課題や試験が不合格でも期間内であれば何度も挑戦できるのでありがたかった!
    (40代 女性 秋田県)
  • 自分の学習状況がこまめに手紙で届くので、忘れずに進められた!
    (40代 女性 山形県)
  • たった2日間のスクーリングで、仕事に支障がなかったです!
    (40代 女性 福島県)
  • 自宅学習だから仕事と子育てをしながら受講できました!
    (30代 女性 新潟県)
  • 試験も自宅で受験できるのでよかった!
    (40代 女性 新潟県)
  • 困ったことがあっても電話で丁寧に教えてもらえてよかったです!
    (30代 女性 宮城県)
  • 短期で集中して取り組めました!
    (30代 女性 山形県)
  • 自分のペースで全科目修了できました!
    (50代 女性 富山県)

資格取得までの流れ

取得までの流れ

資料請求・お問い合わせはこちら

スクーリングについて

スクーリングで「乳児保育」を学べます!

スクーリング日程

2018年
A 7月21日(土)・22日(日)
B 9月8日(土)・9日(日)
C 12月1日(土)・2日(日)

スクーリング会場

新潟駅から徒歩1分
日本こども福祉専門学校
〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1-4-8
TEL.025-240-4810

資料請求・お問い合わせはこちら

一般教育訓練給付制度の厚生労働大臣指定講座です

一般教育訓練給付制度により、一定の条件を満たした場合に
受講料の20%がハローワークより支給されます!

※当講座の一般教育訓練給付制度に関して、一部書面にて「指定申請中」と表記しておりましたが、2018年4月以降も講座指定を受けることができましたので、要件を満たす方に関しましては、4月以降も引き続き当講座にてこの制度を利用することが可能です。
なお、ご自身が受給要件を満たすかについてご不明な点がある方は、最寄りのハローワーク等へお問い合わせください。

一般教育訓練給付制度とは?

教育訓練経費の20%相当!働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)で、一定の要件を満たす方が厚生労働大臣の指定する教育訓練講座(当校の保育特例講座)を受講し、修了した場合、申請を行うことで教育訓練施設に支払った教育訓練経費(受講料等)の20%に相当する額がハローワークから支給されます。

どんな人が対象になる?

(1)保育特例講座(通信制)4科目セットを個人で受講申込し、修了された方

(2)次のいずれかに該当する方

①雇用保険の一般被保険者で被保険者期間が3年以上ある方

被保険者期間に中断(離職等)があった場合は、その空白期間が1年以内であれば前職の期間も通算されます。

②雇用保険の一般被保険者でなくなって(離職日の翌日)から1年以内で、かつ被保険者であった期間が3年以上の方

≪初めてこの給付制度を利用される方≫
上記①②ともに被保険者期間は1年以上あれば対象です。

なお、(2)①②に関して、詳細を知りたい方はご本人の住所地を管轄するハローワークにて受給資格の有無を照会できます。

一般教育訓練給付制度の利用に関して

 詳細はこちら